豊島区 鈴木信太郎記念館

鈴木信太郎記念館
鈴木信太郎記念館

鈴木信太郎記念館では、令和2年6月2日(火曜日)より常設展示内「信太郎の愛蔵書」コーナーの新しい展示が始まります。19世紀フランスを代表する演劇のひとつであり、信太郎が辰野隆(ゆたか)と共訳し、完成からちょうど100年を迎えた今日でも名訳として親しまれているエドモン・ロスタン作の戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』(原作:1897年)に関する展示です。文豪・森鷗外(おうがい)が翻訳本に寄せた序文の自筆原稿や17世紀に実在したシラノに関する稀覯本(きこうぼん)など、同作品に関する信太郎ゆかりの品々をご紹介します。

日程:開催中
時間:9:00‐16:30
休館日:月曜日(祝日と重なる場合はその翌日も)、第3日曜日、祝日、年末年始
会場:豊島区立鈴木信太郎記念館(東池袋5-52-3)
参加費:無料


高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区

豊島区 グルメ イタリアン居酒屋 にんたま屋台

池袋1分☆気軽なイタリアン居酒屋☆個室あり☆飲み放題付ご宴会2980円~☆チーズフォンデュ

 イタリアン居酒屋 にんたま屋台

池袋西口の気軽なイタリアン居酒屋☆テレ朝、日テレなどで紹介されたお店☆コロナ対策実施中☆人気のチーズフォンデュは3種類☆当店の自慢のメニューは牛ホホ肉のデミ煮込み、バーニャカウダ、アヒージョなど☆大山地鶏のチーズタッカルビも人気です☆厳選したイタリアワイン☆サワー、カクテル、ハイボール、日本酒、焼酎などお酒も豊富☆飲み放題付きご宴会プランは2980円~☆ご宴会各種受付中

食べログ情報
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13124912/


高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区

豊島区 グルメ 彩蔵 池袋サンシャイン通り店

◎接待・宴会・忘年会・新年会に最適な個室完備◎【サンシャイン60通り 東急ハンズ正面 8階】

彩蔵 池袋サンシャイン通り店

◆彩蔵池袋店期間限定企画☆ディナー限定のお得な飲み放題!60分/666円~
◆歓送迎会に最適!≪2時間飲み放題付き≫ご宴会コース4,500円~◎季節の食材を使用した贅沢なコースをどうぞ。
【ランチ】11:00~【ディナー】15:00~ 営業中!!
◆季節毎に様々なコースをご用意してお待ちしております!
◆熊本・長野から取り寄せた新鮮な「馬刺し」、甘みある脂が癖になる宮崎産「あじ豚」などこだわり食材の創作料

食べログ情報
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13172962/


高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区

【東京都豊島区】染井霊園

染井霊園は東京都豊島区駒込にある都営霊園。旧称の染井墓地で呼ばれることも多い。水戸徳川家墓所。水戸徳川公爵家や府中松平家の江戸期の墓。徳川斉昭の生母や徳川昭武の生母、側室高橋悦子の墓がある。面積は67,911平方メートル、およそ5,500基の墓があり、8ヶ所ある都営霊園の中では最も規模が小さい。

園内には約100本のソメイヨシノ(染井の地が発祥といわれる。ソメイヨシノ#起源についての諸説を参照)が植えられ、遊歩道の一部は桜並木になっており桜の名所として親しまれている。

明治政府は神仏分離政策を薦めていたため神式の葬儀が増えたものの、既存の墓地の多くは寺院の所有であり埋葬する場所が確保できなかった。また、キリスト教会も墓地を持っていなかった。このため寺院の所有でない墓地を造る必要にせまられていた。1872年に明治政府によって播州林田藩建部邸跡地に神葬墓地として開設される。1874年に東京府の管理下に置かれ宗教によらない公共墓地となる。1889年には東京市に移管され、1935年に染井霊園に改称された。

関連リンク
http://www.tokyo-park.or.jp/reien/park/index074.html

 

高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区高島武彦 豊島区

東京豊島区池袋駅の歴史(東京メトロ)

東京メトロ

1954年(昭和29年)1月20日:営団地下鉄丸ノ内線の駅が開業。当初は現在の渡り線の位置にあった仮設ホームで営業していた。
1960年(昭和35年)11月6日:現在の丸ノ内線ホームが開業(公式サイトでは「池袋本駅」と記載。これにより営業キロを0.2km延伸。
1974年(昭和49年)10月30日:営団地下鉄有楽町線の駅が開業。自動改札機が設置される。
1994年(平成6年)12月7日:営団地下鉄有楽町線新線の駅が開業。駅名は「新線池袋駅」。方向幕や案内版では「新線池袋 (NEW LINE IKEBUKURO)」または「池袋(新線) (IKEBUKURO (NEW LINE))」の2種類が混在していたほか、西武鉄道の一部案内板では英字に「Shinsen-Ikebukuro」と表示されていた。
1999年(平成11年)5月3日:女性駅職員の深夜勤務を営団で初めて実施(後楽園駅・四ツ谷駅と同時)。
2004年(平成16年)4月1日:帝都高速度交通営団(営団地下鉄)民営化に伴い、当駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。
2006年(平成18年):丸ノ内線の駅にてホームドア稼働開始。
2007年(平成19年)3月18日:ICカード「PASMO」の利用が可能となる。
2008年(平成20年)
4月1日:有楽町線新線の新線池袋駅にてホームドア稼働開始。
6月14日:副都心線開業。これに伴い、新線池袋駅を「池袋駅」に改称。
2009年(平成21年)
3月26日:駅ナカ商業施設「エチカ池袋」開業。
11月27日:商業施設「エソラ池袋」開業。「エチカ池袋」が拡大オープン。
2011年(平成23年)
1月22日:有楽町線のホームにてホームドアの使用を開始。
2月25日:有楽町線のホームにて発車メロディ使用開始。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

東京都豊島区池袋の鉄道の駅

東京豊島区池袋駅

池袋駅

■ JR東日本
山手線 – 内回り(新宿、渋谷方面)、外回り(上野、東京方面)
埼京線 – 大宮、川越(川越線直通)、新宿、大崎、新木場(りんかい線直通)方面
湘南新宿ライン – 宇都宮、小田原、逗子、高崎方面
成田エクスプレス – 成田空港行
東武日光線直通特急「日光」「きぬがわ」 – 栃木、新鹿沼、下今市、東武日光、鬼怒川温泉方面
スーパービュー踊り子 – 熱海方面伊豆急下田行

■ 東京地下鉄
丸ノ内線 – 茗荷谷、後楽園、東京、銀座方面
有楽町線 – 小竹向原、和光市、東武東上線、西武池袋線、新木場方面
副都心線 – 小竹向原、和光市、東武東上線、西武池袋線、新宿三丁目、渋谷、横浜、元町・中華街方面

■ 西武鉄道
池袋線 – 所沢、飯能、西武秩父方面

■ 東武鉄道
東上本線 – 成増、川越、小川町方面

■ 要町駅(東京地下鉄)
有楽町線 – 小竹向原、和光市、東武東上線、西武池袋線、飯田橋、永田町、有楽町、豊洲、新木場方面
副都心線 – 小竹向原、和光市、東武東上線、西武池袋線、雑司が谷、新宿三丁目、渋谷、横浜、元町・中華街方面

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

東京都豊島区の出身有名人

東京都豊島区の出身有名人

学者

■ 安藤英義(会計学者、一橋大学名誉教授、日本会計研究学会会長、金融庁企業会計審議会会長)
■ 石弘之(環境問題研究者、ジャーナリスト、朝日新聞編集委員、東京大学教授、駐ザンビア大使)
■ 石弘光(経済学者、一橋大学学長、放送大学学長、政府税制調査会会長)
■ 古在由秀(天文学者、東京大学名誉教授、国立天文台名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授)

芸能

■ 五代目柳家小さん
■ 大泉滉
■ 柴咲コウ
■ 山下達郎
■ 藤田まこと(生育地は京都市)
■ 夏木マリ
■ 松村雄基
■ 河辺千恵子
■ 世志凡太
■ 松本潤
■ 高木ブー(生育地は千葉県柏市)
■ ハナ肇
■ 愛川欽也
■ 矢作兼
■ 横山めぐみ
■ 三遊亭好楽
■ 神田伯山 (6代目)
■ 立川志獅丸
■ 飛鳥公子
■ 入船亭小辰

 

 

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

東京都豊島区の主な公園

高島武彦 豊島区

池袋の森
目白の森
目白庭園 – 目白3丁目にあった公立学校共済組合住宅跡地に豊島区により1990年に開園(庭園設計:伊藤邦衛、指定管理者:西武グループ環境パートナーズ、西武造園、西武緑化管理)
谷端川北緑道
谷端川南緑道
谷端川親水公園
谷端川第二親水公園
南長崎スポーツ公園

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦

中学生の数学

『中学生の数学』(ちゅうがくせいのすうがく)は、1971年4月10日から1984年3月13日までNHK教育テレビで放送されていた中学生向けの学校放送(教科:数学)である。

NHKは1957年12月、NHKテレビ(現・NHK総合テレビ)の『冬休み家庭教室』枠で同名の番組を1週間限定で放送した。それから8年半後の1966年、今度はNHK教育テレビで夏休みと冬休みそれぞれの時期限定の放送を行った。この期間限定放送は1969年1月まで続き、そして2年後の1971年4月にNHK教育テレビでレギュラー放送を開始した。

高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦高島武彦